薬草ヘナは、魔法の植物 優れたトリートメント効果を発揮

髪の健康を蘇らせる天然素材の髪染めとして注目を集めている「ヘナ」。
アーユルヴェーダにおいては、数千年前の古来から”万能薬”として使われてきたハーブです。
 ヘナの歯には、殺菌と抗菌作用があり、切り傷や擦り傷にも効果を現します。葉から採取した油は頭痛薬、煎じた葉の汁は、火傷治療として、また肝臓病や皮膚がん治療にも使われているそうです。
 ヘナに含まれる「ローソン」という成分が肝臓の毒素を排出させ、睡眠を深くさせる動きがあり、さらに「ナフトキノン」という成分には、生理不順を回復させ、血圧を安定させる作用があることが記されています。
 髪においては、頭皮に傷や炎症がある場合も症状が抑えられるので、アトピー性皮膚炎の方にも地肌のトリートメントとしておすすめです。
 傷んだ髪の修復作用があり、頭皮の環境を改善させるので、養毛・育毛にも効果が期待できるのです。髪を丈夫にし、白髪の予防、切れ毛、抜け毛、地肌トラブルの改善などに有効的です。
 

ヘナの生育条件
①適した土地で育成
 砂漠で水が少ないため、一生懸命に水を吸おうとしてたくましく育ちます。
②育て方
 もともと虫よけの効果があるので、農薬は使用しません。水もかけず自然のままに生育します。
③収穫
 雨季が終わると収穫します。
④精製
 収穫後、茎や枝を取り除き葉のみを乾燥。使用するのは葉のみ。パウダーにし、ふるいで不純物を取り除き、良質なパウダーに精製。

良質なヘナなほど、より良く染まります。
悪質なヘナは砂などの不純物が混ざっているため、ごわつきます。
できるだけ純度の高いヘナを使うことで、早く、濃く、つややかな髪に仕上げることができます。

  • コメント: 1

関連記事

  1. 定期的な染め

  2. ヘナ染め/ヘナトリートメントの手順 1度染め

  3. ヘナタトゥー

  4. 白髪とカラー

  5. ヘナ染め/ヘナトリートメントの手順

  6. ヘナの歴史

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。