ヘナ染め/ヘナトリートメントの手順 2度染め

パッチテスト

ご利用前には必ずパッチテストを行って下さい。(腕の内側に少量を塗布し、異常がないか確認)

 塗布前処理

<クリームやオイルでケア>
額やこめかみなどの生え際や耳回りにオイルを塗ることで皮膚は染まりにくくなります。(頭皮や皮膚に色がついた場合も1日程で色は落ちます)

<洗髪について>
ヘアムースやトニック等整髪料を使用している場合は軽くシャンプーで洗い流して下さい。
オレンジは皮脂を吸着する作用があるため特に洗髪は必要ありませんが、ブラウンやソフトブラックに配合されているインディゴは油分と相性が悪いため、皮脂等油分を洗い流してから塗布して下さい。

 お湯の量

約50℃のお湯でマヨネーズ状を目安に溶いて下さい。(ヘナの4倍の量 25g=100ml程度)
ボウルなどにまずはお湯を先に入れ、ハーブはその後入れて下さい。
シムシムシェイカー又はボトルをご利用の場合もお湯を先に入れて下さい。

 置き時間 (加温することで時間短縮は図れます)

①オレンジを全体に塗布し約20~30分置きます (加温の場合:10分 + 自然冷却:5分)

②オレンジを洗い流し、タオルドライします

③ブラウン又はソフトブラックを白髪部分に重点的に塗布し、約40分置きます (加温の場合:15分+ 自然冷却10分)

④洗い流して完成

 塗布後処理

<洗髪について>
シャンプーで洗い流して下さい。
その際、洗浄力の強いシャンプー及び石鹸シャンプー(アルカリ性のため)は色落ちがしやすいため発色が悪くなる可能性がございます。洗浄力の優しい弱酸性のシャンプーがお勧めです。
シムシムジャパンでは、ヘナ染めをされる方におススメの、天然精油配合の自然派弱酸性セサミシャンプーをオンラインショップにて販売しております。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ヘナができるまで

  2. 様々な用途に使われる万能ヘナ

  3. ヘナ染め/ヘナトリートメントの手順

  4. ヘナの歴史

  5. ヘアカラーリング剤の安全規制

  6. 定期的な染め

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。