ヘナタトゥー

白髪染め、黒髪のトリートメントに使われる天然ハーブの「ヘナ(HENNA)」ですが、美術・芸術界からもアプローチされています。消えるタトゥーと言われる「ヘナタトゥー」は、「ヘナアート」とも呼ばれ、自然愛好家にも話題となっているようです。

アメリカでは、「ヘナタトゥーアーティスト」のチャンピオンを決めるコンテストが、カリフォルニア州で開催されているそうです。山間キャンプ中に、ヨーガや「ヘナタトゥー」の講習が行われ、最終的にはSNSにアップした写真に対しての「いいね!」の数の投票に基づいた勝者が決定されるというものだそうです。

インドでも、様々な人達がヘナタトゥーを楽しんでいます。インドの人にとっては、ヘナは、髪を染めるものとしてよりも、タトゥーを楽しむものとしてのほうが一般的です。

図面を基に、ヘナペーストを塗っていきます。

指先は爪にかからないように塗っていきます。

ここでは、左手→右手の順番にヘナタトゥーを入れていますが、直後の見た目は、さほど変わりはありません。

手の甲や足にも塗っています。しばらくすると、色がオレンジ色になってきます。徐々に色が変わっているのが分かります。

まず、左手に塗ったペーストを洗って落とします。

次に、右手に塗ったペーストを洗って落としていきます。

乾いた後の色はご覧の通りです。

時間が経つと色がやや濃くなります。

ヘナタトゥーは2~3週間もち、自然に薄くなっていきます。自然のハーブを使ったタトゥーなので、気軽に行うことができます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 松居一代さんもヘナだった

  2. ヘナができるまで

  3. ヘナの歴史

  4. 白髪とカラー

  5. ヘアカラーリング剤の安全規制

  6. 定期的な染め

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。